ご当地シリーズ

立秋を過ぎ、暑さもようやく峠を越したようです。
今回、新たなご当地シリーズとしまして、『クラウンメロン』をゲストの皆様に提供します。そこで、掛川でクラウンメロンを栽培されている佐藤農園の佐藤賢司様に協力して頂きました。

 

クラウンメロンの歴史は、大正10年頃に静岡県の遠州地方で温室栽培が始まったといわれています。そして、様々な試行錯誤を経て、昭和39年に「クラウン」印のメロンとして広く全国にその名を知られるようになりました。特徴として、他産地のメロンは1本の木から複数個のメロンを収穫しますが、クラウンメロンでは1本のメロンの木から1個のメロンしか収穫しないそうです。

  

そんな我が子の様に育てられたクラウンメロンをゲストの皆様におやつとして提供いたしました。見た目の良さと口に広がる甘味に満足して頂き、皆様ぺロっと召し上がってました。食べ終わった後には、「とてもおいしかったよ」、「また食べたいな」とコメントしてくれる人が多数いました。

  

これからもゲストの皆様の素敵な笑顔のために頑張ります。

カテゴリー: トピックス   パーマリンク

コメントは受け付けていません。